出会い系で客を見つける保険勧誘員とエッチ

老舗出会い系サイトで会った保険勧誘員の話。

仕事で女が全くいない工場勤務の俺が、気晴らしと性欲の解消のために使っているのがPCMAXだ。会社内でも爆発的な拡がりをみせていて、同僚もおいしい思いをしたという話を良く聞く。

俺も使いはじめて1ヵ月たった頃に、やっとスケベな女と会えた。彼女は保険の営業マンで、ノルマの達成に追われているようだった。

 

アダルト掲示板に【条件あり】の書き込みがあったから、ワリキリの募集かなって思ってたら、どうやら保険に入ってほしいようだった。俺も年齢的に保険ぐらい入っておかなければと考えていたので、会って話を聞いてみることにした。

彼女は24歳で、ややぽっちゃりだが愛嬌のある美人って感じだ。スーツ姿だと、巨大な胸がパツパツしていて肉感的でエロい。セックスのときはむちゃくちゃにしたくなるタイプというか 笑

個室の居酒屋で待ち合わせたんだけど、資料を持って彼女は先にまっていた。

 

お酒を飲みながら、保険の説明をしてもらう。40代の独身男性にピッタリのものをススメてくる。もちろん、全然入っても良かったんだけど、それだけじゃ面白くないよね。

男だったら1度は憧れる、「保険の契約を引き換えにセックスさせてもらう。」こんなAVみたいな体験がしたいはずだ。俺もそれを狙ってるから今日はここにきたんだし。

 

 

う~ん・・・どうしようかな・・・

と、申しますと・・・?

俺、県民共済入ってるからやっぱ必要ないかも

え、そんな・・・でも共済さんより保証も手厚いですしうんたら・・・

 

別に入ってあげてもいいんだけどね

ありがとうございます

オネエチャン次第だけどな

えっ・・・

 

なかなか白々しい反応だ。出会い系サイト使って保険の勧誘してるぐらいだから、援交の代わりに保険入ってもらっているんだよね。

そうストレートに伝えると、ノルマが達成できないときはと声を小さく頷いたんだ。ここが攻め時ってことで、彼女の隣に座りなおして、スカートを捲し上げた。

黒いショーツの上から指を這わせていくと、声にならない「やめてください」が。もちろんそんなの聞くはずもなく、ストッキングを破いて、直にアソコを触りにいった。

 

ダメです、本当に・・・両手で俺の右手を押さえてくる保険屋。そんなの知ったことかとパンツの隙間から指を入れる俺。結果ビチョビチョのアソコにぬぶぶと指が埋まっていく。

 

はぁぁぁん

こういうことして契約取ってるんだろ?

あぁ、はい。すみません。

入ってやるからヤラセろよ。

わかりました。

 

俺達は居酒屋を出てホテルで朝までずっとセックスしていた。翌朝、書類にサインをして出社。あれからタダで保険屋のねえちゃんとスケベなことができるようになった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です